PAGE TOP

初期研修について

プログラム内容

地域密着型プログラム

このプログラムは、都心部の地域医療を担う中小病院での研修を重視したものとなっています。

都心部の中小病院は、臓器別専門科に分かれた大学病院をはじめとした大病院とは異なり、健康問題をかかえた地域住民が最初に訪れる第一線医療機関です。 ここでは日常生活や労働の中で起こりうる健康問題に対して幅広く対応することが求められており、包括性・継続性を持った医療活動を地域での役割として担っています。 病院・診療所・介護保健施設などの多様な施設体系をいかし、地域の人々とりわけ共同組織や患者会などの協力を得ながら疾患の予防・発症・治療・管理を患者さんのライフ・スパンで捉え、外来・病棟・在宅の流れの中で理解していきます。 同時に、近隣の大学病院や公立病院などの専門医療機関とも連携しながら学べることも大きな特徴です。

研修理念

良識のある社会人、思いやりのある医療人としての成長を促します。 将来の専門にかかわらず、医師としての基本的な診療能力と学習能力を習得できるように援助します。

研修目標

医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的診療能力(知識、技術、態度)を身に付けるとともに、医師としての人格を涵養します。

さらに、振り返り、自己決定型学習、批判的思考など、医師として生涯にわたって学び、成長していく力を身に付けるとともに、プライマリ・ヘルスケア(WHO)の理解ができることも目標としています。 厚生労働省の医師臨床研修の目標に準じた目標設定を行っています。

研修スケジュール例